自分にどんな仕事があっているか分からない?就活・仕事で悩んでいる方!自分の適職を知る、職業適性検査のオススメ

就労・自立支援ひらくでは、障害者(主に精神・発達障碍者)のお仕事、働く事をサポートする就労移行支援を行っています。

今回は「日本郵便年賀寄付金」の助成金で行う為、障害のない方も対象の「職業適性検査」開催致します。

こんな悩みのある方へ

  • 何社応募しても受からない方
  • 就職できたが数か月でやめてしまうこ
  • 今の職場で悩みが多く退職を考えている

職業適性検査とは?

厚生労働省の進路指導・職業指導用の冊子を使用し、約1時間かけて行います。

熟知しているジョブコーチが進行致します。

イベント内容

  1. 職業適性検査
  2. 検査結果集計/振り返り

7つの適性能から、能力と職業のマッチングをスタッフが丁寧にコーチングします。

事業所長の塩崎が職業適性診断を体験してみた感想

最初は不安でしたが、ゲーム感覚で進めていくので、だんだん楽しくなる瞬間がありました。

私は42歳という歳のせいなのか?途中で集中力がきれること、瞬発力の弱さがテストを受けながら自覚しました。

結果は周りと比べ、全体的に低い数値で、適職は限られていると実感しました。

向いている業界

  • 運搬加工・組み立ての簡易技能の手腕作業
  • 加工、組み立て、造形の熟練技能の建設、設備工事
  • 運転、操作の建設機械運転、車の運転
  • 社会福祉の介護サービス
  • 販売、サービスの販売、理容、美容、個人サービス
  • 警備、巡視業

能力と職業のマッチング

向いていない仕事は

  • パイロット
  • 測量
  • 研究者
  • デザイナー
  • カメラマン
  • 報道
  • ライター
  • 相談員
  • 特殊機器の販売
  • 事務系全般

まとめ

高校3年の進路相談の時に「美容師」を進められたことを思い出しました。

先生は適職を見抜いていたのですね!

やってみて思ったことは、私は調理師として社会人スタートしたのですが、

手先の器用さを求められる「和食」の時は、一生懸命やっているにできなくて、先輩に怒られてばかりで本当に落ちこぼれでした。

しかし、加工せずに素材の形、味を活かす「イタリアン」に移ってからは、毎日が楽しく、11年つづけることができました。

そこで気がついたことは、同じ調理師業界(飲食業界)でもジャンルやポジションでも「適職」があるということです。

仕事の探し方の参考になればと思います。

ちなみにライティングは適職がありません(文章が変、誤字脱字が多い自覚あります・・・)

実は「自分の職業は作家です」というのが夢だったりしますが・・・・無理かも・・・

日時・会場・問い合わせ

◆参加費無料◆

持ち物 鉛筆(ボールペン可) 赤ペン

日時 11月16日(土) 10時~12時半

会場 仙台市青葉区木町通2-1-18 ノースコアビル6F

電話番号:022-725-7224

mail: info@sendaihiraku.co.jp

営業時間

平日:9時~17時

土曜日:9時~12時

定休日:日曜 祝日

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを誰よりも一生懸命、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。