「本人らしさ」のある体験型支援~経験値から未知に対して不安が減る~

ひらくキャラクター

こんにちは

生活支援員 塩直です!(^^)!

今日から10月ですね。

ひらくは皆さまからのご支援を頂きながら今年の9月で開所5周年を迎えましたが、

開所から「らしさ」「唯一無二」「オリジナル」を意識して他事業所にはない就活支援を目指してきました。

 

ひらくの体験型支援~経験値から未知に対して不安が減る~

 

◆とある場所でカラオケ (笑)

 

経験:「カラオケは苦手だなと思っていたけど、仲良くしているメンバーが参加するから行ってみた」

感想:カラオケは嫌→カラオケの時間は良いかもと思える機会になりました。

 

◆ラーメン部

ラーメン部のロゴ(利用者さん作成)

経験:「食べたいラーメンを食べることが出来た」

感想:ラーメンは食べたいけど自分一人じゃ行けない→行けたと思えたことで一人でも行けるようになりました。

 

◆ブルーマンデー吹き飛ばす所長ふるまいパスタデー

振る舞いパスタ

経験:「月曜日に元シェフ所長の振る舞いのパスタを食べる」

感想:月曜日は昔から苦手→月曜日に何か楽しみがあれば苦手じゃないかもと思えるようになりました。

 

◆デザイン、アートの研修に参加

経験:「デザイン研修の参加で事業所以外の場所で他機関の人との関り」

感想:平面的な考え→立体的に物事を考えるようになりました。事業所以外の場所では、緊張を強く感じることに気付きました。

 

◆ミスユニバースを目指す女性の育成経験がある方より「笑顔」の大切さを教えてもらう

経験:「ミスユニバースの育成経験がある人との関わりと笑顔を学ぶ」

感想:笑顔をする意味が分からない→笑顔は相手に対する心遣いだと知ることが出来ました。笑顔を練習したことで、自分が嫌われていた状況が、もしかしたら自分の表情で相手にも同様に思わせていたかもしれない?と思いました。笑顔は、意識しないと出来ないものだと知りました。

 

◆スタッフ直伝メイク術

経験:「メイクをしてもらう」

感想:メイクは無駄、自分にかけるお金なんてない→メイクをすることで気持ちが明るくなるような感じがしました。ずっと、メイクをしていなかったので、メイク後の自分の発言内容や口数が変わった感じがしました。

 

リーゼント体験

経験:「おでこを出す」

感想:おでこを出すヘアスタイルがやってみたかったけれど、やってみたら髪を固めるジェルの量は調整が必要だと知りました(笑)

 

メイクの他、つけまつげ、ウッィグ、花かんむりで写真撮影体験

経験:「つけまつ毛とウィッグ、花かんむりをつける」「写真撮影」

感想:雑誌やSNSで見ていたモデルさんみたいになりたい!と思っていたので、嬉しかったです。表情やポーズを考えることは恥ずかしかいと思っていましたが、結構、ノリノリで出来た自分がいました。

もちろん、どの体験も就職活動の一環ですよ。

他事業所にはない体験をしてもらいたく「ひらくらしさ」のある体験型はメンバーさんからの希望もあり増殖中(^^♪

 

 

経験に勝るものはない!?

私は、「経験」が人の思考や今後の行動に影響すると考えています。

経験したからこその「気づき」がたくさんあるからです。

生活支援の中で、感情の「面白い」「楽しい」「好き」が分からないという方は多くいらっしゃいます。

体験から体験を「比べる」ことが出来る経験数があれば「A>B>C」のように比べることが出来ます。

例えば、未経験のBがあったとしてもAを経験したことでAの経験から少しはイメージ出来ることもあります。

経験しても無感情なこともありますが、「やってもいい>やりたくない」というように比べることが出来ます。

ひらくでは、自分一人では出来なかった経験が積める場所であって欲しいと思います。

 

ひらくの就労サポートは「本人らしさ」を考えた就活支援です。

 

ひらくでは、経験値、年齢、性別、考え、判断が違うスタッフがいることで

複数視点での「本人らしさ」のある就活支援を受けることが出来ます。

 

支援会議※本人が希望する生活や就活を目指す為の計画をスタッフで考えるでは、

スタッフの意見が飛び交います。

複数視点を言葉にして、本人らしい就活の為に一生懸命話し合います。

 

「らしさ」を意識したオリジナルストレッチダンスが出来ました

ストレッチ

オリジナルストレッチ

ひらくでは、朝礼時にラジオ体操を行っています。

血流を良くする、身体の凝りをほぐすことは「心をほぐす」ことにつながるからです。

私は物心ついた頃から運動が嫌いでした。

 

でもある出来事から「なぜ人は運動をするのか?」という疑問がとれ、

運動に対する考えが180度変わりました。

その経験から、運動を日常に取り入れるようになりました。

 

ひらくでラジオ体操を訓練にとりいれた頃から、

ずっと「ひらくらしい体操」があればいいなとストレッチを考えてきましたが、やっと完成させることが出来ました。

 

やってみたい気持ちから、行動にするまでだいぶ時間がかかりましたが(笑)

コロナ対策もあり、蜜ではない状況の時に、

小出しでオリジナルストレッチをメンバーさんと楽しむ予定です。

 

10月1日、初出しで踊ってみましたが、

メンバーさんと一緒にストレッチを楽しむことが出来ました(^^♪ 引き続き「らしさ」を大切に就労支援取り組んでいきます!

 

この記事を書いたのは

生活支援員:塩直

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。