「たぬきの山整骨院」は「ココロも身体も温める系」の院長がいます!

こんにちは。生活支援員の塩直です。

先日、事業所に「たぬきの山整骨院」石山院長直筆のお手紙とパンフレットが届いたことがきっかけで、直接、ご挨拶をして参りました。

「石山院長に会ってみたい!」

事業所に届いた石山院長の直筆のお手紙より院長のお人柄が私には見えました。早速、院長の想いが綴られたホームページを拝見し、施術への想いが伝わりました。

たぬきの山整骨院のホームページはコチラ

https://tanukinoyama.hp.peraichi.com/

24才のバイク事故であごの骨を骨折。全身打撲の重傷を負ったことで間流動食生活で7㎏の体重減を経験し、首や腰の痛みの中で日常生活を送る。石山院長は、ある先生との出会いで施術をうけることに。施術から「何をするにも楽しく感じれない、ご飯を食べても美味しく感じれない、体の不調ばかりを気にしていた症状が改善していく」ことを経験。院長は「症状ばかりに目を向けてはいけない、広く体の状態を診ることが大切なんだ」という想いで現在の場所(柏木1丁目)に開業。患者様の中には転居後も遠方から通っている方もいらっしゃる。

石山院長はホッカイロみたいな人

第一印象「ホッカイロのように温かい」と思いました。笑顔で見守ってくれる、そんな方です。会ったことがある人なら「分かる~」って言ってくれそうな「ココロ温める系」の方です。

施術前のカウンセリング

院長からカウンセリングを受けます。施術後の体の変化についても事前に説明頂けます。ちなみに、私は院長の事前説明とおりに施術後の体の変化と現象があり「ホントだ~!」ってなりました。

ココロ温まる施術

院長のカウンセリングを受けた後なので、安心した気持ちで施術台に乗ることが出来ます。院長からの声掛け「○○は、いかがですか?」「これは、どうですか?」を頂けます。院長の声がけに反応していくうちに気付くと「素」になってしまう程、癒されます(笑)

”人は「人」からの影響が大”

石山院長とお会いして、「人の温かさ」を再確認することが出来ました。感染症対策が騒がれる時代に「人」と会う、触れることが難しい時代になりましたが、指圧は「お手当」という言葉があるくらい、人の手からは何かが出てるんでしょうね(^^)/身体もココロも温かくなりました。石山院長だから出せるのかな~「心遣い」を感じました。

ひらく支援も「人」の力

今回、石山院長の直筆より心遣いを感じ、実際にお会いして心が温かくなりました。私も、改めて「症状だけでの支援ではなく、その方の生活に関わる全体を考える」「人の温かさ」を意識できる生活支援員を目指したいな~と思える時間になりました。「人の力」を大切に日々の支援に精進して参ります!!

ひらくのパンフレットを置いて頂きました。感謝申し上げます(^^)/

 

たぬきの山整骨院の詳細

営業時間:9:00~12:30、14:00~20:00

定休日:水曜日

所在地:宮城県仙台市青葉区柏木1丁目6-27MYコーポB101

アクセス

北四番丁駅より大学病院側に歩き一つ目の交差点を右折。

直進し、フォーラム仙台を越え、直進すると、左側に見えてきます。

 

この記事を書いたのは

生活支援員:塩直

就労・自立支援ひらく

Twitter毎日更新中!!!

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。