仕事選びに求める優先順位「職場環境」「職務内容」あと一つは…~就労移行支援メンバーの記事~

職場選び優先順位

 

文章作成道場にてメンバーさんが作成した記事をご紹介します☆彡

 

この文章を書いた目的

私がここ一ヶ月就職に向けて自己分析をしてきた中で

仕事選びに求める条件の優先順位トップ3と優先しなくても良いトップ3が分かってきました。

それをシェアしたいと思いその理由も併せて書いていきたいと思います。

 

仕事選びに求める条件の優先順位トップ3

仕事選び優先順位とは

私が仕事選びで優先させる条件は

  1. 職場環境
  2. 職務内容
  3. 勤務地

です。

 

仕事選びに求める優先順位の理由

仕事選び優先順位理由

私の重視する職場環境とは

  • 勤務時間帯
  • 私の特性を理解してくれる人が周りにいるか
  • 会社の社風
  • 心理的安全(怒鳴り声を上げる人がいない、暑すぎたり寒すぎる過酷な環境にない、生理的欲求をいつでも満たせる)

などです。

 

勤務時間帯が不規則だと心身に不調をきたしやすくなります。

特性を理解してくれる人がまわりにいないと合わない業務をすることで支障が出たrい、理解されず孤立を感じてしまうからです。

それは会社の社風からくることが多いので私にとっては大事だと考えています。

 

心理的安全が満たされない職場だと、過剰なストレスがかかってしまい、

どんなに温厚な人であってもギスギスした性格になってしまうため

ストレスに弱い私は心理的安全を重視します。

 

職務内容は社風とも近いですが、自分にとって成長できる、

社会に貢献できると感じることをしている会社や業務を重視しているからです。

 

勤務地、通勤時間は交通渋滞や長すぎる通勤といった「自分ではコントロールできないストレス」を避けるためです。

通勤時間が20分増えると給料が19%減るのと同じ悪影響があるというイギリスの研究結果もあり、

経験上も納得できるので重要なポイントです。

 

仕事選びに求める条件の優先しない順位トップ3

優先しない順位トップ3

私が仕事選びに求める条件の優先しない順位トップ3は

  1. 給与
  2. 職種、業種
  3. 勤務形態

です。

 

優先しない順位トップ3の理由

優先しない順位理由

給与を重視しすぎてしまうと長時間労働や激務で心身を壊します。

そうすると、生活すること自体できなくなってしまいます。

「働かなくても生活はできるが、生活できないと働けない」からです。

 

職種、業種は「何をするか」より「居心地の良さ(環境)」の方が優先されるからです。

勤務形態も上記と同様で「低ストレスで長時間働ける」環境の方が私にとっては大切と思っているため、必ず正社員でなくてはならないといったこだわりはないです。

 

まとめ

 

仕事選びで優先させる条件は

  1. 職務環境
  2. 職務内容
  3. 勤務地

 

で、私が仕事選びに求める条件の優先しない順位トップ3は

  1. 給与
  2. 職種、業種
  3. 勤務形態

 

です。

 

 

 

この記事を書いたのは

ひらくのメンバー:『読み込み中』さん 編集:支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。