個別訓練がメインのひらくのコミュニケーション訓練日

 

ハリネズミの画像を見て癒されています

ハリネズミ

 

癒されましたか?

 

ということで本日は

コミュニケーショントレーニング日でした!

SST(ソーシャルスキルズトレーニング)

個別訓練による、IT/Web系/PC訓練がメインの就労移行支援ひらくではありますが、

6名の参加です。

参加せずに、自分の訓練に集中されている方も中にはいました。

 

SSTって?

 

ソーシャルスキルズトレーニング、その言葉の頭文字をとって、SSTと呼ばれています。

社会生活技能訓練とも呼ばれ、「上手く人とやり取りを行う技術の練習」のことを言います。

社会生活、働いた際に上手く人とやり取りができない、対人関係を良好にしていくための実際の技能、スキルを身に付ける為のトレーニングです。

 

本日の就労移行支援ひらくのSSTの内容とは?

 

スタッフによるSSTの説明の後、

ウォーミングアップとして、

自己紹介をおこないました。

・氏名

・好きな芸能人

・嫌いな食べ物

・興味のある物

 

を皆さんで実践しました。

聞き手も話し手も意識されながら、集中して参加してました。

 

 

メンバーさんの感想

 

・他の人が話しているのも聞いて参考になった。

・人とのコミュニケーションの中でどう話そうか悩む時間が多かったが、練習の場を持つことで対処できると思った。

・自分の中の常識を変えていけると思った。

 

まとめ

 

こんな時にどうすればよいか…

会社に入った時こういうところで悩みやすい…

そういう時どうしたらよいかわからない…

困ってしまう、悩んでしまう時がある…

 

そういった場で、どのように対処、対応していくか、実際に練習していく場にもなります。

 

何より、働いてからも、日常生活でも役立つスキルです。

 

適宜、実施しておりますので、興味ある方、ぜひ参加してみてください!

 

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。