【参加無料】2月22日(土) 就労移行支援を体感!理解!体験会!開催

 

障がいがある方の就職活動を応援する機関

就労移行支援事業所ってご存じでしょうか?

 

就労・自立支援ひらくも就労移行支援という福祉サービスを実施しています。

 

こんな悩みのある方へ

 

①うつ、統合失調症、発達障害など障がいで働くことに不安がある

②就職しても継続しない

③何度面接を受けても受からない

④障害者雇用で働くことが不安

 

どんなことをやるの?

①就労移行支援事業所ってどんなところ

市内40か所以上ある就労移行支援事業所についてご説明いたします。

就労移行支援で受けられる具体的な就労支援についてお話します。

 

②コミュニケーションスキルトレーニングを体験しよう!

障がいのある方の就職1年後の定着率は身体障がいと知的障がいのある方は6割以上、精神障がいのある方は5割を切る現状があります。

その中で退職理由の多くとして挙げられるのが

「職場の対人関係」です。

就労移行支援では、適切な対人関係スキルが築けるよう

就職した後に困らぬよう、コミュニケーションスキルの訓練を実施しています。

今回は就労移行支援ひらくで実施しているコミュニケーションスキルトレーニングを体験する時間をご準備させていただいています。

何をするのかは楽しみに、そして、参加するだけでも

スキルが身についたなんてこともあるかもしれません。

 

③懇親会

その後は事業所近郊の飲食店にて懇親会を行います。

参加の方は事業所から500円負担します!

 

日時・会場・問い合わせ

◆参加費無料◆

日時 令和2年2月22日(土) 10:00~12:30

会場 宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18ノースコアビル6F

申込要予約

お電話またはメールにて「2月22日のイベントに参加したい」という旨を伝えてください。

お気軽にご連絡ください!

TEL:022-725-7224

Mail:info@sendaihiraku.co.jp

 

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。