令和2年8月5日~スピーカーズ・ビューロー様より講演頂きました~

スピーカーズ・ビューローとは:精神保健と精神障害に関する啓発を目的とした体験者のグループである。精神疾患を体験し、治療を受けておられる当事者に病気になった事で経験した生活体験を話していただき、精神保健に対する正しい知識の普及をしていく活動。

テーマ「働くって意外と楽しい!~働いてみて変わったこと~」

についてご講演頂きました。

惹きつけられる講演内容に参加者より多くの質問や意見がありました。

~参加者感想~

・就労後のイメージが湧く内容だった

・共感できるポイントが多く、精神疾患を抱えながら社会で頑張っているプロセスが聞けて良かった

・目標の持ち方について目からうろこの意見を聞くことが出来た

・上手くいっていることだけでなく失敗談も聞けて良かった

等々、、、。

私自身の感想として

”働くこと”について考える時間でした。

働く事の継続を多方面から考え、自分なりの対処を見つけ出し

働きながら、このような講演活動もされている姿に

尊敬の念を感じました。

自分だったら、出来るかな~とも考えました。

コロナ状況での不安もある中、内容の濃い講演を頂けたことは就職活動を進める大きな一歩となる時間でした。

感謝申し上げます。

また、貴重な講演をして頂ける日を楽しみにしております。

 

 

~生活支援員~おしゃべりオバサン

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを誰よりも一生懸命、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。