パソコンを使わないプログラミング入門を就労移行支援で講座

パソコンを使わないプログラミング入門

「パソコンを使わないプログラミング入門は」8月限定企画今回は3回目になります。

そして今回で終わりの講座でした。

内容は

  • 整列処理の選択法
  • バブルソート

整列処理の選択法とは?

簡単にいうと最大値を取り出して並べ替える選択法

バブルソートとは?

隣接する二つの要素を比較する方法

本日は3名参加しました。

参加したメンバーさんはだいぶ原理を理解するのに苦労していました。

講義自体は集中して取り組んでいました。

講師の感想

コンピューターのアルゴリズムについてメンバーさんがふれられた機会を作れてよかったと思います。

就労・自立支援ひらくでは将来エンジニアとして働きた方、障害者雇用だけど高給を目指している人を”プログラミング”のカリキュラムでJAVA・PHPを用意しています。

講師は元デジタル系の専門学校の講師でJAVAでアンドロイド開発するのが得意です。

 

この記事を書いたのは

事業所長 塩崎

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。