パソコンを使わないプログラミング入門を就労移行支援で講座

パソコンを使わないプログラミング入門

「パソコンを使わないプログラミング入門は」8月限定企画今回は3回目になります。

そして今回で終わりの講座でした。

内容は

  • 整列処理の選択法
  • バブルソート

整列処理の選択法とは?

簡単にいうと最大値を取り出して並べ替える選択法

プログラミングPC7を使わない

バブルソートとは?

隣接する二つの要素を比較する方法

本日は3名参加しました。

参加したメンバーさんはだいぶ原理を理解するのに苦労していました。

講義自体は集中して取り組んでいました。

講師の感想

コンピューターのアルゴリズムについてメンバーさんがふれられた機会を作れてよかったと思います。

就労・自立支援ひらくでは将来エンジニアとして働きた方、障害者雇用だけどやりがいのある仕事を目指している人を”プログラミング”のカリキュラムでJAVA・PHPを用意しています。

講師は元デジタル系の専門学校の講師でJAVAでアンドロイド開発するのが得意です。

仙台プログラミング講義

職員研修でソフトウェア開発技法

今月の職員研修は元プログラマの支援員による`ソフトウェア開発技法`でした。
it系障害者雇用支援をしているので、職員の知識レベルをあげて、
定期的に職員研修を支援員のクオリティーを上げています。
コロナ禍から`在宅雇用`の求人が増えてきましたので、障害者雇用も選択肢が増えてきました。

ひらくでPCを学んで自分の可能性を広げるチャンスです。

 

この記事を書いたのは

事業所長 塩崎

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを誰よりも一生懸命、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。