人気の就労移行支援はここが違う、5つ条件とは?

これから就労移行支援に通いたいと思っている方に「人気の就労移行支援事業所」の探し方、選び方を宮城県仙台市就労移行支援の「就労・自立支援ひらく」のメンバーさんとまとめました。

就労移行支援の利用は2年間をいう限られた期間なので、自分にあった事業所を探せるようにしましょう。

就労移行支援とは?

 就労移行支援とは「障がい」で仕事や就職を考えているが、自分一人で活動する事に不安がある方や、技術(スキル)を学び、キャリアチェンジしたい方を対象とした福祉サービスです。

ハローワークの職業訓練は応募時期が決まっていますが、就労移行支援はいつでも利用開始できる事、そして技術(スキル)だけではなく生活面の相談やビジネスマナー、コミニケーショントレーニング、社会生活技能(SST)、面接練習、履歴書の書き方などの支援があるところが大きく違うところです。

仙台市には就労移行支援事業所は約40か所ほどの事業所があります。

自分に合った事業所を選ぶことがとても大事になります。

就労移行支援の特徴は?

  • 9割以上の方が無料で利用している*前年度の収入による
  • 生産するのではなく「学べる」場所
  • 農業系・作業系・清掃系・パソコン系・飲食系など事業所により内容は違う
  • 利用期間は2年間
  • 申請は区役所にする
  • 自分の人生の目標を一緒に考えられる*個別支援計画

人気の就労移行支援の5つ条件とは?

  1. 週5日通うので通所しやすい立地=アクセスが良い
  2. 支援員の能力、経験が豊富
  3. 障がいを個性と捉え、一人一人に合わせた対応
  4. 自分の学びたいカリキュラムがある
  5. 楽しく、元気になる活動がある=イベント、レクレーション

選んではいけいない就労移行支援とは?

就労移行支援とは、将来自分が「なりたい自分」になる為に通う場所なので、自分がどのような「技術=武器」を学びたいのか?が合わないと、ミスマッチングとなって通所したくなくなります。

  • 支援員が分かっていない
  • 支援員が少ない
  • 事業所に通いずらい=アクセスが良くない
  • ほぼ放置
  • 学びたいカリキュラムがない

人気の就労移行支援をどうやって探せばいいの?

  • 自分の学びたいことを明確する事
  • 区役所の障害高齢課に学びたいことを伝える
  • WEBで検索する「人気 就労移行支援」で検索
  • 病院のソーシャルワーカー(入院設備がある大きい病院にしかいない)
  • 合同説明会に参加する

大事な事は「自分の学びたいことを明確にする事」が大切です。

合同説明会とは?

仙台市では年一回、就労支援事業所が30事業ほど福祉プラザに集合し事業所の説明をします。

2018年は9月6日金曜日10時~15時で行います。

参加すると直接支援者から話を聞くことができるので、1日で複数の事業所を知る事ができます。

*時期がずれて困っている方は”就労・自立支援ひらくにお問合せ下さい。

ところで”就労・自立支援ひらく”はどんな事業所?

  • パソコンを中心としたカリキュラム
  • ホームページ制作を仕事とするWEB系
  • エンジニアを目指すプログラミング系
  • Word・Excelができると履歴書にかける
  • 個別ブースで自分の学び事を自分のペースで学べる
  • イベント、レクレーションなど楽しい一日イベントがたくさんある
  • 支援員と利用者さんの距離が近い
  • 地下鉄南北線北四番丁駅から徒3分の高アクセス
  • 月曜日は元イタリアンシェフの事業所長の作る”振る舞いパスタ”を味わえる

まとめ

仕事をする為には週3日~5日通う事が前提の就労移行支援なので”通いやすさ”と”学びカリキュラムがあるのか?”

そして就労移行支援は「就職」させる事が目標なのですが、そのペースが自分の障がいや体調にあっているのか?が大切なポイントになります。

この記事を書いたのは

事業所長 塩崎

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを誰よりも一生懸命、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。