就労継続を考える⑪障害者雇用の現場の声

こんにちは 生活支援員 塩直です。

新年早々のテーマは「障害者雇用の現場の声」

実際に障害者雇用をしている企業様が取り組まれている雇用管理の工夫や

求める人材像、面接で聞く事について話し合いました。

 

就労・自立支援ひらくのメンバーさんの感想

 

  • 面接で答えたくない質問が就労先にとって大切な判断材料になると知った
  • 面接で色々聞かれることがあるのは、自分に関心を持ってくれている証だと思う
  • 初対面の人に自分でもまだ理解しきれていない障がいについて説明するのは難しいと思った

等々。

 

今回の就労継続を考える時間では、就労先の方の声を知ることで

就労に必要な考えや今から取り組む就活準備を考えることが出来ました。

新年早々の講座は参加者が多く、好スタートで迎えることが出来ました(*’ω’*)

 

前回の就労継続を考える記事はこちらから!!!

就労継続を考える⑩空しさを感じたら~虚無感~

 

この記事を書いたのは

生活支援員:塩直

Twitter日々更新中!!!

Instagramも更新中!!!

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。