身だしなみから社会人へ ひらくスーツの日

 

 

令和元年6月17日(月)

就労移行支援ひらくでは、スーツを着て訓練を行う日でした。

(ひさびさのブログ更新です…)

 

スーツの日ってどんな日?概要とは?

スーツを着て訓練を行う日です。

通所されたメンバーの8割以上の方がスーツに身を包み来所されました。

(必ず、スーツでという強制ではありません)

 

スーツを着るメリットとは

 

  1. 身が引き締まる
  2. 気持ちが上がる
  3. 身だしなみを考えるきっかけになる
  4. 「いつもと違う場面に慣れることができる

 

今現在、必ずスーツ着用という会社とそうでない会社もあり

様々ではありますが、

求職活動、就職活動をする中で

  • 企業見学
  • 面接の場
  • 実習体験

 

などで、スーツを着てピシッと身だしなみを決める機会はどこかでまっています。

 

いざ当日必要でスーツを着てみたら、

「シワだらけだった」

「スーツは入らない…」

「ネクタイが奇抜なものしかない…」

と想定外のことが起こってしまうと、当日だけでは対策の仕様がありません。

 

第一印象は見た目で決まるなんてこと各所で聞いたことがあるかもしれませんが

第一印象がよければそれだけ得です。

内面を変えるのはすぐにはできませんが

 

第一印象を整えることは

少し考えて実践すると、できます。

 

ぜひ実践してみてください。

 

まとめ

 

 

皆様ビジネススーツに身を包んでいたこともあり、

就労移行支援ひらくの雰囲気が

引き締まった雰囲気に感じられた素敵な一日でした。

事前に服装や身だしなみについて考え、

いつでも準備し、且つ慣れておくことで

不安の種から芽が出ることは少なくなります。

 

目標、なりたい自分を目指し

就労支援ひらくで沢山準備していきましょう!!!!

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ(梅雨だ…)

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。