【ひらくの土曜イベント】ボードゲームで息抜き

 

就労移行支援ひらくでは

平日の訓練に加えて、土曜日は午前中のみですが、

リフレッシュの意味合いも込めたイベントを実施しております。

先日の土曜日のイベントは何をやったかといいますと…

 

ボードゲームを実施しました。

 

ボードゲームを聞くと何をイメージしますでしょうか

人生ゲーム、人生ゲーム、UNO

私は人生ゲームばかりを連想してしまいます。

子ども生まれた時の棒をなくしてしまいがちですよね。

 

そんなことは関係なくてですね…

ボードゲームはここ数年流行の兆しを見せておりまして

海外産、国内産含め、トレンドの一つとなっております。

Youtuberが紹介していたり、テレビでもやっていたり

(ナンジャモンジャゲーム等)

 

先日は

CAT&CHOCOLATE/ビジネス編

なるものを参加者で実施いたしました。

 

ビジネス編というところがミソでございますね。

どんなゲームだったのでしょう?

 

CAT&CHOCOLATE/ビジネス編とは?

ビジネスにおける中で、起こりうる(起こり得にくいこともありますが)ピンチな状況を限られたアイテムを使って切り抜けるゲームです。

ランダムに配られたアイテムを必ず使って、その危機をどのように乗り越えるのか、アドリブ力が問われる内容ではあります。

 

こちらのシリーズでは、

ビジネス編だけではなく、

日常生活で起こりえるハプニングをどのように乗り越えるのかという『日常編』

絵柄が少女漫画風な『学園編』

実はありそうななさそうなハプニング『冠婚葬祭編』

など人気シリーズのようであります。

さらに詳細を以下に記載しておきます。

 

CAT&CHOCOLATE

対象人数:3~6人用

対象年齢:8歳以上(大人であればOKですね!)

所要時間:20分~

概要

企業戦士をテーマにしたカードゲーム。

各プレイヤーは2つの派閥に分かれ、お互いの派閥を知らない状態で挑みます。

イベントカードをめくり、そこに記されたアクシデントをどのような方法で回避するか、自分の手札のアイテムをもとに考え宣言していくというもの。

回避できたかどうかは、他のプレイヤーによる多数決できまります。

回避できた回数を合計し、値が大きかったチームの勝利となります。

 

実際ボードゲームをやってみた感想

苦手だったと話す人もいましたが、

真剣になればなるほど多数決で賛同を貰えなかったりすると悔しい

長考して自分のアイテムと見つめ合い、しどろもどろになってしまっていたりと

それぞれで、格闘されていた方が多い印象でした。

 

それでも限られたアイテムの中でうまく解決する為の説明を行いながら

他の参加者を納得させられると、満足感も出てきてやりがいなんでものも出てきたように思えます。

 

突飛なお題が飛び交う(同期の出世が妬ましい、人身事故が起きてしまった、このままでは遅刻する)ので、なさそうだけどありそうな内容に対してどのように向き合うのか、考えさせられました。

 

ビジネス編ということで、

働いていれば、何かしら山場だったり、乗り越えなければならない局面というのは出てくると思います。

そういう意味でも就労移行支援、就職を目指すところとして

内容にあったボードゲームだったように思います。

リフレッシュできましたでしょうか。

参加いただいたメンバーの皆さま、ありがとうございました!

 

まとめ

就労移行支援ひらくでは、

みんなで集まって、ボードゲームなどの息抜き企画なども多数実施しております。

飲食イベント(現在はテイクアウトですが)や、

普段の息抜きになり、明日を生きる糧になるようなイベントを企画しております。

 

普段とは違う息抜きの場として、楽しみながら、生活リズムや、働く為の体力を作っていきましょう。

 

それでは、また!

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。