【銀行/事務補助/座り仕事】就労・自立支援ひらくのメンバーさんの就職体験記

 

就労移行支援 就労・自立支援ひらくのメンバーさんの就職体験記になります。

Sさん

①就職しようと思った理由

職業訓練で学んだスキルを活かして働きたいと思ったからです。

 

②職種や会社を選んだ理由

いろいろな人が利用している銀行で間接的ではありますが、貢献し、スキルアップして貢献して地方の活性化に携われると思ったからです。

また、持病や障害のことを考えて危険を伴わない事務を志望しました。

この会社は病気や障害のことを理解していただいたことからここで働きたいと思いました。

 

③就労・自立支援ひらくでの訓練内容

・資料作成

・電話応対

・コミュニケーション訓練

・面接練習

 

④就労・自立支援ひらくでの思い出

はじめは慣れるまで時間がかかりましたが、訓練をしていく中で少しずつコミュニケーションがとれました。

訓練だけでなく、日常生活のリズム、マナーなどの礼儀を勉強させて頂きました。

職員の方には親身になっていただきサポートされ就職できました。

ひらくの他の方とも仲良くなり充実した訓練を受けられた上に喜びもありました。

 

⑤就職活動を行う中で大変だったこと

履歴書、職務経歴書を作成するのに時間がかかりました。

添削してもらい何とか形を作れました。

つぎに面接対策です。

書類が通過しても面接で不合格になることが始めは多かったです。

そんなときに、職員の方から自分自身が悪いのではなく企業が求めているものと自分が合致していないということを教わりました。

自分の個性を活かして働くことが大事だとわかりました。

不合格の時にはマッチングしなかったということでした。

 

⑥就職活動をしている方へのアドバイス

職員の方に相談してアドバイス、サポートを受けていき自分の働きたい場所を探せればと思います。

 

この記事を書いたのは

文章:Sさん 編集:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。