一年の計は元旦にあり、新年の抱負を宣言、2021年を幸せの黄金鯛焼きで祝う就労移行支援

2021年明けましておめでとうございます。

ひらくは開所して5年目の年となりました。

事業所の今年の抱負は「職場定着」を掲げました。

就労継続できない理由に

  • 極端な思考
  • 偏った考え
  • ネガティブ思考

で自分自信の考え方の問題で「対人関係で働きづらさ」を感じて体調を崩す場合があります。

その為にひらくでは心理療法で用いられる「認知行動療法」を行っていきます。

早速ですが、1月23日(土)10時~12時「就労継続できないと悩んでいる方へ」の認知行動療をもちいたイベント開催致します。外部者参加OKイベントです。

先着5名ですので参加希望の方はお早めにご予約下さい。

就労継続できないと悩んでいる方へ

今年を良い年にしよう!ということで、「たい焼き」を食べながら「新年の抱負を語る会」を

開催しました。

今年の抱負を宣言することにより、目標遂行モチベーションが上がり、達成度が大きく上がります。

みんなの抱負紹介

  • 何気なく使っている言葉で相手を不愉快にして、自分が嫌われる言葉を使わない

例 あきた 面白くない つまらない

  • 綺麗な景色、素敵な写真、いいものを沢山見て体の中を満たしたい
  • 勉強したものをアウトプットして還元したい
  • 自分を変える為にオールバックにしたい
  • 本を沢山読みたいので、読んだ本を週1で紹介するノルマを作る
  • 表面的な優しさではなく、就職した後に「あの言葉すごく役に立ってます」と思われるような支援をしていきたい
  • IT系就職希望者の為にプログラミングの基礎をしっかり教えたい
  • CakePHPなど企業が求めるトレンドを把握する
  • 明日やればいいや、と今をおろそかにすることをしない
  • 体調悪くなったら入院すればいいやと開きなおらず、入院しなくても大丈夫な心構えをもつ
  • ひらくに通所するようになってから、買い物もできない位だった自分が「通所」を目標にし、「レクレーション」で対人コミニケーションをすることにより、普段の生活でも「ありがとう」という言葉がでるようになり、そしたら、周りから「優しい言葉」を沢山もらえるようになり、世界が変わりました、今年はどんどん良い年になりそう!
  • 当たり前のことを継続する
  • 自分の決めた「通所日」はしっかり守り「WEB製作スキル」を身に着ける、そしてもっと大事なことは苦手な「対人・コミニケーション」を職場で困らないようにスキルアップしていきたい

支援員6名と有志のメンバーさん4名が発表して頂きました。

このような集団でのやり取りをひらくでは「集団社会療法」として

  • 軽度なストレスを感じる
  • 他者の意見を受け入れる
  • 自分の考えを他者に伝える

等、働く上で不可欠な事を目的をもって行っています。

イベントなどの集団行動では、障がい症状によっては

  • 人の意見を聞くと自分の考えと違う為、体調が悪くなる
  • 今、何をする時間か理解できず一人で別行動をする

などの行動が見受けられます。

ひらくの訓練で少しづつできるようになった方もいます。

PCスキルアップよりも働く上で大事なところの支援をしている「就労・自立支援ひらく」ですので、

どうぞ今年も宜しくお願い致します。

利用者希望者お待ちしております!!

事業所

塩崎俊洋

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。