【事務/障害者雇用/女性/IT系】就労・自立支援ひらくのメンバーの就職体験記

就職体験記 障害者雇用

IT系企業、事務職、在宅+出社型、障害者雇用で就職が決まった

仙台の就労移行支援、就労・自立支援ひらくのメンバーさんの就職体験記になります。

 

就職しようと思った理由

w就職をしようと思った理由

私が就職したいと考えた理由は大きく2点あります。

1点目が、金銭的に自立した生活を送りたいからです。

金銭を得たいと思った時、就職して給与を頂くことが必要だと考えました。

2点目が、社会と関わっている実感を得たかったからです。

私は心身の不調で仕事から離れ、1日中部屋にいた時期がありました。

それが回復に向かう頃、自分がいなくても淡々と日常が流れていくことに寂しさを感じました。

その時、仕事を通して自己有用感を感じられていたことが思い出され、

徐々に再度就職をしたいと思うようになりました。

 

就労・自立支援ひらくの通所を決めた理由

仙台 ひらく

再度仕事をしたいと主治医に話したとき、就労移行支援サービスを紹介されました。

説明を受けた際は利用に対して消極的でしたが、

まずは自分の気になった施設に見学に行くことを勧められました。

そこで見学・体験をさせて頂いたのが、就労・自立支援ひらくでした。

知識不足で不安になっている私に丁寧な説明をいただいて

就労移行支援サービスを信頼して利用したいと考えが変わりました。

なにより、支援員の方々の親身で温かい雰囲気に触れ

就労・自立支援ひらくでならば安心して相談ができるのではないかと感じ

通所を決めました。

 

就労・自立支援ひらくでの訓練内容

ひらくの訓練内容

日々の講座で利用者の方々との意見交換や、企業での職業体験

様々なセミナーに参加させて頂いたりと、多くの刺激を頂きました。

自分一人だけの就職活動では経験できないことばかりで、見識を広められる機会を多く与えて頂いたと感じます。

また、私は訓練の中でも多くの時間を費やしたのは自己分析だと思います。

進める中でつらくなることもありましたが

支援員の方に分析においても、気持ちの面においてもサポートを頂いて

投げ出さずに自分を考えることができました。

 

就職活動をしている方へのアドバイス

アドバイス就職活動

就職活動をしていると、不安になってくることも多くあると思います。

そういった時に私は、その気持ちを支援員さんにお話できると楽になりました。

お話をすることで、自分の考えの整理や自己理解が進んでいくこともありました。

また、支援員さんの考えを聞くことで

「そんな考えもあるんだな」

「そんな選択肢もあるんだな」

と、考えの幅が広がることもありました。

就労・自立支援ひらくでの就職活動を通して、周りには頼れる方がいるので

不安や悩みはひとりで抱え込み過ぎないようにすると自然と道が開けると感じました。

といってもわたしもまだまだ相談が苦手なので、自分に同じことを言い聞かせることを続けていきたいです。

 

 

 

 

就労・自立支援ひらくの就職実績はこちらから

就職実績

 

事務系・IT系に強い就労移行支援ひらくの訓練・支援内容はこちらから

訓練・支援内容

 

 

この記事を書いたのは

ひらくのメンバーさん   編集:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。