特定の企業に属さず「フリーランスで働く」という選択肢

 

自分に適した仕事があってもよい。

それって雇用の枠にとらわれずに、自由な見方があっていいと思う。

 

 

障害のある方もフリーランスで輝く

新聞でもフリーランス(特定の企業に属さずにフリーとして働く)や起業などのの動きが注目されています。

以下は8月24日の讀賣新聞↓

正社員で在宅勤務として働きながら、個人で請け負う仕事も副業として認めてもらいながら活動されているようです。

 

 

実はよくこの記事をみてみると・・・・・

 

就労・自立支援ひらくでも働き方改革の活動を取り上げていただきました。

 

まとめ

 

選択肢の一つとして、自分の得意な領域で、そして良さを活かして働いていく

そんな働き方があってもよいと思います。

簡単に且つ、容易くできるものでは決してありませんが、

叶えたい、進んでいきたい気持ちや意欲

そして、周囲の環境もそれを認め、没個性ではなく、個性を活かして働いていく環境作りを肯定的に捉えていただく

それを支援する、背中を押すお手伝いをする

社会全体としての動きを重ねていけるといいなと思います。

 

就労・自立支援ひらくは障害をお持ちの方の「ナナイロの働き方」を応援そして、支援しております。

 

少しでも生きやすく、個性が活きやすい世の中にしていけるよう、私達も日々努力していきたいと思います。

 

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ(筋トレをしたいと思っている)

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。