新型コロナウィルスの就労・自立支援ひらくの対応について

2020/2/28

新型コロナウィルスの対応について

事業所長 塩崎俊洋

 

就労・自立支援ひらくの指針

 

優先順位

  1. 事業所内での感染拡大をない事
  2. 感染拡大をしないように支援活動を継続する事

 

今後の行動

  • 2/28時点では感染拡大しないように通常開所致します。
  • 行政の指示に基づき行動する
  • 随時、感染状況により行動していく 

 

①事業所内での感染拡大をない事

  • 体調が良くない方は通所しない、頑張らない、無理をしない
  • 来所したら手洗いをする ハンカチ ペーパーでふく
  • 扉を開放して取っ手を触らない環境を作る
  • 換気扇を常時回す
  • 1日3回の喚起(リフレッシュタイム2回 昼休み1回)

*その為 室温が下がります

 

②感染拡大をしないように支援活動を継続する事

通所を取りやめ、在宅での支援に切り替える

 

雨がふった後は虹がかかります。

 

この状況は必ず落ち着き改善します。

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。