障害者雇用で継続して働けるようになった後に悩む”給料アップ”の事とは?就労移行支援の守破離

障害者雇用で働き初めて、数カ月、仕事になれてくると悩みだすことで、

「もっと給料が欲しい〜」

そんな悩みにお答えする時に、

守破離(しゅはり)という考え方をご紹介致します。

入社したては[守]

支援をもとに作業を遂行できる(半人前)

自律的に作業を遂行できる(1人前)

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

指示された事をこなす時期なので、給料=生産性なので、会社に給料以上の貢献度はない時期です。

給料アップする時期は[破]

作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)

「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

自分で考え主体的に働ける、後輩、部下に指示をだし、プロジェクトを成功させる働き方。

会社への貢献度が高くなるため、給料アップできます。

[離]

新たな知識(技術)を開発できる(創造者)

独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

創造的な働き方、店長や社長になれば給料多くなりますねって話でした。

千利休の修行の工程をいい表した言葉で、普遍的な内容だと思います。

ひらくでは入社する事を目標にするのではなく、

「継続して働き、経済的、精神的に自立すること」を目指しています。

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。