ひらく○度目の模様替え~もっと就労移行支援らしく~

 

訓練と休憩のメリハリをつけて円滑に進めていただきたい!

「やるときはやる、やらないときはやらない」

個人の意識ではなく、まず環境による影響というものをより良くしていきたい!

 

 

昨日の夕方に就労移行支援ひらくのレイアウト変更を行いました!

限られたスペースで机や物たちをいかに有効活用できるのか、長年悩まされてきているレイアウトなのですが(ずらせない柱、回線等の都合もある等)

事前案内はしていたのですが、

本日来たメンバーさんの入室時の反応は少し戸惑っていたようですね…スミマセン

それでも、すんなりと柔軟に対応していただいています。

 

よく、変化に戸惑う、いつも通りが狂ってしまうとストレスを感じてしまうという方もいますが、

 

うまく乗りこなしていただき、感謝です。

 

実際、どのようなレイアウトになったのかひらく内を少しだけご紹介しますね。

 

ビフォーがないのでアフターだけになりますが、ご賞味あれ☆彡

 

ひらく探訪

まずは、相談室から

 

テーブルが大きくなりました( `ー´)ノ

 

お次は休憩スペース

訓練スペースとの住み分けが進みました( `ー´)ノ

 

お次は冷蔵庫、ポッド、コップ置き場コーナー

中枢に配置されました( `ー´)ノ

 

お次はテキスト置き場コーナー

ひっそりとたたずみながらもコピー機も隣接しています( `ー´)ノ

 

ラストは訓練個別スペース

より訓練しやすく、集中して作業を行える環境へと…

 

今回のレイアウト変更は個人訓練スペースを広げて、

休憩スペースを多少狭めたのですが、

 

皆さまの反応を伺いながら、より良い事業所を目指していきたい、

そう思います☆彡

 

就労移行支援事業所それぞれに環境の良しあし、合う合わないあると思います。

他との比較検討でも構いませんし、もちろん興味のある方は大歓迎でございますので

いつでも見学、ご相談お待ちしております。

お気軽にお問合せくださいませ!

 

それではまた!

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。