『無理をしない』就労継続~メンバーさんの記事~

無理をしない就労継続サムネ

 

文章作成道場にてメンバーさんが作成した記事をご紹介します。

 

無理をしない就労継続

無理をしない就労筋トレ

私は何かを継続したことは数えるほどしかありません。

勉強も仕事も友人関係も長続きせず、

興味が移り変わる中で生活を送ってきました。

 

その生活の中で唯一継続出来たものが、

服薬で増えた体重を減らす為に始めた筋トレです。

 

半年で約3分の1の体重を減らすことが出来ました。

 

筋トレをする上で何よりも大切だったことがあります。

 

それは「無理をしないこと」でした。

 

これは就労継続にも活かすことが出来るのではないかと思います。

 

『無理をしないこと』を大切に思った理由

無理をしない理由

筋トレの効果を高める道具として「ダンベル」というものがあります。

重ければ重いほど効果が高くなっていきます。

私は出来るだけ早く痩せたかったので重いダンベルを手に取り

無理をして持ち上げましたが、怪我をしてしまい

数日間筋トレを休むことになりました。

 

同じような経験が仕事でもありました。

早く仕事が出来るようになりたかったので

苦手なことでも無理して「出来ます」と返事を繰り返していました。

 

気づいた頃には職場から求められるハードルが高くなり、

自らの首を絞める結果になってしまいました。

 

当時を振り返ると、苦手なことは相談しながら、自分のペースで無理をせずに仕事を進めていければよかったなと思います。

 

「無理をしない」は難しい

無理をしないは難しい画像

筋トレには身体的な負荷があるので加減がしやすく「無理をしないこと」を実践しやすいですが、

勉強や仕事においての実践は大変難しいです。

 

失敗を経験し、大切に思っているはずの現在でも気づくと無理をしてしまいます。

 

私は就労移行支援ひらくに通所し始めたばかりですが

「社会復帰の為に訓練以外にも毎日勉強しよう」

と若干無理をしているところがあります。

 

無理の先にあるのは心の怪我で、継続が出来なくなる状況になりかねないです。

 

なので今からでも出来る解決法を考えてみました。

 

どうしたらいいのか

無理をしないためには

「無理をしないこと」を叶えるために筋トレの継続から思ったことは

「少し減らす」というルールを作ることです。

 

1週間を週5日に、筋トレであればダンベルの重さは1㎏軽くしてなど、自分のやる気や気持ちよりも少しだけ減らすというルールです。

 

ルール化することで「少し減らす」をより実践できると考えました。

 

筋トレの継続が出来たように、就労や新しく始めることを継続に繋げることができると思います。

 

 

まとめ

無理をしな就労継続のまとめ

就労の目標は採用されることではなく、継続することだと思います。

継続のためには「無理をしないこと」が必要になってきます。

 

私はこれから「少し減らすルール」を実践して

「無理をしない就労継続」を目指して行こうと思います。

 

この記事を書いたのは

ひらくのメンバーさん 

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを誰よりも一生懸命、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。