【4月から就労】就労移行支援ひらくの卒業式

 

本日は4月から就職が決まったメンバーさんの卒業式を執り行いました。

巣立ちの日で且つ、3月、とても、、、そういう時期ですよね。

卒業式って何?という方は

こちらをクリック!

こちらで満足できないときは

こちらをクリック!

こちらでも満足できないときは

こちらもクリック!

 

 

 

本日の主食はメロンパン!

今回はメロンパンをみんなで食べました。

これまでミスタードーナツ縛りになっていたので初の試みです。

どこのメロンパンかというとこちらになります。

メロンパン

~焼きたてパンで毎日においしさの喜びを~

Melon de melon(メロン・ドゥ・メロン)さんのメロンパンです。

営業時間  10:00~20:00

電話番号  022-796-6757

住所    宮城県仙台市青葉区広瀬町3番38号

アクセスは東北大学病院の向かえにあります。メロンパンが店頭にドンっ!とそびえたっているので一目でわかると思います。

北四番丁駅から約800mです。

↓↓メロン・ドゥ・メロンさんのホームページはこちら↓↓↓

http://www.melon-de-melon.com/

テイクアウトのお店で、店頭で注文してすぐに対応いただけました。

メロンパン屋ではありますが、カレーパンやクロワッサン、ラスク、アップルパイなども店頭に並んでいて、匂いやバリエーションには事欠かないです。並んでいるパンの彩りも綺麗で、全部買っちゃおうかな?なんて思ってしまいます。

(全部は買いませんでしたが…)

さわやかに店員さんが対応してくれて気持ちよかったです。

価格帯も180~500付近とスーパーで陳列されているパンと比べるとどうしても高く見えますが、パン屋のパンです。しかもメロンパン屋です。

ク オ リ テ ィ、質が高いと思われます。

味は外側サクサクで中がフワフワで、コーヒーに合うお味でした。

大きさは15㎝ほどでしょうか、

プレーンを食べましたが、1個でも十分お腹に溜まるのでたくさん食べたら

お腹がややもったくなりそうですね。

素晴らしい一品でございました。大学病院側で何か用事のある際は一度味わってみては。

 

本題の卒業式はどうだった?

所長より、本人への言葉を賜り、各支援員からひと言ずついただきました。

卒業証書も授与しました。

なんと卒業生からも祝電が届き、ご本人の人望もうかがえる時間となりました。

これまでの就労移行支援ひらくでの活動を振り返りながら

メンバーさんみんなと時間を共有して過ごしました。

 

まとめ

就労移行支援は利用期間が原則2年間が限度になります。

その期間をどのように過ごすのか、訓練を進めるのか、考えることはとても重要です。

もちろんそれを一緒に考えることももちろんひらくの職員がさせていただいております。

 

就職が決まって嬉しいなと思う反面、いろいろな思い出がよみがえり、

職員一同、寂しくもあるのですが

 

今後の新天地でのご活躍を祈る気持ちは一緒です。

定着支援という形で就職後も関わらせていただいております。

 

まだまだ共に就労の定着へのバックアップさせていただきます。

 

皆さん、後に続きましょう!!!

 

それではまた!

 

 

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。