【こんな時こそ】桜を見て元気になろう~就労移行支援ひらくの探訪記~

 

コロナウイルスで、諸々行動が制限、自粛になっておりますが

桜は意に介さず、開花しております。

 

花見は自粛ムードがありますが、

桜からしてみれば、「ドウシテミンナコナイノ?」

なんて思っているかもしれませんね。

 

一つ分かったのは、

桜を見ると、なにやら気持ちが晴れやかになるというか、

趣深いなという気持ちになることです。

 

そんなこんなで就労移行支援ひらくの1年以上ひっそりと続けているイベント

ウォーキングDAY

以前の記事はこちらをご覧ください↓↓↓

精神的に健康になるには体作りから・就労移行支援ひらくのウォーキングDAY

 

いつもは青葉神社でお祈りすることが多いのですが、

本日は桜をちらと見に行って参りました。

 

桜の写真を見て、元気になりましょう。

 

感涙必至の美しい桜たち

今年の桜は3月28日に仙台は開花いたしました。

例年より早めだとかなんとか。

桜

 

錦町公園です。

毎年就労移行支援ひらくでは、花見を行う際、必ず錦町公園で実施しています。

他の名所と比べると、規模感は小さいですが、落ち着くちょうどよい感じがして

素敵なところです。

桜②

満開とまではいきませんが

立派にピンク色に染まっています。

気づいたら春なのか、まだ冬だと思っていた私は恥ずかしい限りです。

 

 

 

このアングルは美しいですね。

メンバーさんとしみじみ味わっていました。

 

こちらは満開に近いですね。

 

桜④

 

ごちそうさまでした!!!

 

まとめ

 

桜が咲いて

メンバーさんの桜も咲くといいですね。。。

と桜にかけて言いたくなるのはあるあるですね。

 

ウォーキングで桜を見て回りましたが、

普段一人では歩いていて気づかないことや

こんな建物あったのかなど、風景をしみじみ味わうことは

少なくなってきているような気がします。

一緒に歩いたメンバーさんからも、そのようなお言葉を聞けたので

私は、嬉しい気持ちでした。

日本人の忘れた何かを取り戻せる、且つ、健康にもリフレッシュにもつながる

ウォーキング、ぜひ日々意識してやってみましょう。

 

生活リズム、ストレス解消で悩まれている方も、働くうえでの課題と話される方も中には多くいます。

ちょっと外に出て、桜を見てみる、やってみるだけでも

何かのきっかけや考えが浮かんできたりする、そんな気がしてなりません。

 

ウォーキングの後は、手洗いうがいとウイルス対策をバッチリ行い、戻ってまいりました。

 

今しかできないこと、

今だからできることを大事にしてほしいなと思います。

そして、意味のないことでも、意味を探してみるためにやるだけでも

いろんな意味を発見したりします。

その積み重ねがきっと、漠然としていますが、素敵な『なんか良い』未来になっていくのではないでしょうか。

 

桜を見てそんなことを思った今日この頃でした。

 

それでは、また。

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。