『読み方がわからない』そんな時の救済ツール IMEパッド

 

プロ野球の開幕が来月に延期。

いろいろと延期していて、オリンピックは無事に開催されるのでしょうか。

祈るばかりです。

 

ということで、就労移行支援ひらくでは、

PC訓練の中でタイピング訓練を行っている方もいます。

 

なぜやっているのか。

 

PCを扱う仕事に就きたい

就きたい仕事の中でPCを使うことが間違いない

という方で、少しでも作業効率を上げる為に日夜(通所中)特訓されております。

 

タイピングの練習方法って?

すぐに飛躍的に伸びるスキルではないので、

地道に継続的に取り組んでいくしかありません。

タイピングのサイトで特訓する方法もありますが、

それだけではただの純粋な入力速度だけになってしまいます。

単なる入力だけでなく、

仕事の中で業務効率を上げるタイピングスキルは

①入力速度

②PCの操作

③変換等のスキル(ショートカットキー、Fキー)

に他なりません。

 

③のような、何かを読みながら変換して進めるなんてことも多いのでは

ないでしょうか。

 

難解な漢字で読み方がわからず入力ができないことも出てくるケースもあります。

この後はそんな時に一発で解決できるツールのご紹介です。

 

読み方がわからず困った時は『IMEパッド』を使おう!

IMEパッドとはマイクロソフト社が提供している、日本語の入力や変換をサポートするアプリケーションの1つです。

こちらを使うと、解決できます。

 

 

 

『 閼 』

って読み方わかるでしょうか。

分からないときはどうするのか

①以下を右クリックします

 

②以下の画面が出るので『IMEパッド』をクリックします

 

③以下の画面が出ればOKです文字をクリックしながら書いてみましょう

 

④マウスで書くとぶれぶれですが出てきました

 

⑤こんなこともできるけど何の意味もない

絵から類推して漢字が出てくるわけではないですよね…

『 閼 』は「ふさぐ」「アツ」「エン」「とどめる」という読みということがわかりました。

 

まとめ

PCでの入力速度は、単にタイピングだけのスピードだけではありません。

様々な効率を上げるツールを使用することでさらに全体の作業のスピードを上げることができます。

これは練習して身に着けるものではなく、あるものです。

覚えるだけで使えるものです。

 

ぜひぜひ、事務職を目指している方、PCを使った業務に携わりたい方

こんなアプローチの仕方もしてみて、総合的に作業効率を上げ

結果的にスピードを上げるよう取り組んでみてください。

 

就労移行支援ひらくでは、

そういった細かいところまで必要に合わせ個別に支援をおこなっています。

スキルを身に着けて自分に自信をつけ、前向きに変わっていきましょう。

 

いつでもご相談、ご見学お待ちしております!

それではまた!

 

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。