【久々】ひらくのメンバーさんの十色十色十色の訓練内容

 

 

就労移行支援ひらくのメンバーさんはどんな訓練を行っているの?

ひらくの実態って?

 

という方の為に、不定期でたまに紹介している、

本日のメンバーさんの訓練内容を少しだけご紹介いたします。

 

今日のひらくのメンバーさんの訓練内容

・MOS-Word2016テキスト学習

・書類記入

・面談

・Excelテキスト学習

・Wordの復習

・ナビゲーションブック見直し

・イラスト作成

・UNITY学習

・JAVAテキスト学習

・ビジネス文書作成

・就職について、夢について考える(自己分析)

・応募書類作成→応募

・画像編集

・レタッチ加工

・PHPテキスト学習

・電話応対訓練

・求人相談

 

 

等、様々でございました。

 

まとめ

就労を目指すという同じ志のある方々が集まっていますが、

目指す道もそれぞれということから、

訓練内容も多岐に渡っております。

 

本日は電話応対訓練のように講座形式で行う場合もありますが

一律で同じように進める時間もあれば

個人でスタッフと相談しながら先へオーダーメイドで進めております。

 

最近はデザインやWeb系、プログラミングの学習を進められている方が増え気味な印象ですが、

 

座り仕事、作業のお仕事、クリエイティブな仕事という務めたい仕事の目標を掲げ準備しています。

 

梅雨でジメジメする日が続いておりますが

元気に、勤怠を安定させて、目標へ突き進んでいきましょう!

 

それでは、また!

 

【追記】

最近ひらく公式Twitter更新しております。

つらつらとつぶやいておりますので、よろしければご覧ください!

フォローお待ちしております( `ー´)ノ

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。