【面接対策】癖の強い言葉遣いになっている方は要注意?

 

就労移行支援ひらくでは

面接練習、模擬面接を行い、ご本人様の面接練習や

面接練習での応答を繰り返すことで自己を省みるきっかけづくりを

訓練の中で実施しております。

 

中には

・言葉が浮かんできやしない

・敬語がうまくつかえやしない

・たどたどしい話し方になってしまえやする

・独特の癖が出てしまう

 

など、評価点もたくさん出てくれば、課題点なども見え隠れしてきます。

 

本日は『言葉遣い』で気を付けるべきことをご紹介します☆

 

言葉遣い、これができればOK

 

言葉遣いは心遣い

その言葉を発する人柄を現します。

私は人として

嬉しいことは「ありがとう」

申し訳ない気持ちがある場合は「ごめんなさい」「申し訳ありません」

と言えることが根にあることが一番大切だと思います。

その大切な想いがあれば、言葉は紡がれていく、そんな気がします。

 

とりあえずこれが適切に使えればOK!

はい

いいえ

いらっしゃいませ

かしこまりました

恐れ入りますが

少々お待ちくださいませ

大変お待たせいたしました

申し訳ございません

ありがとうございました

承知しました

お疲れ様です

お世話になっております

 

ビジネス用語の連続ですが、言葉と使う場面を知っておくだけでも

使えるのではないかなと思います。

 

 

ここからが本題なのですが、

 

これだけは気を付けたい言葉遣い

面接の場面では話し言葉にならないように意識することが大切です。

ここからはテンポよく具体例を交えて紹介していきます。

 

 

⓪間違って相手の人を「お母さん」と呼んでしまう。

お母さんだけではないと思いますが、家で呼んでいる名前の人を公的な場で間違って言ってしまうことありませんか。

とてつもなく恥ずかしいのと相手もなんだか恥ずかしくなりそうな雰囲気があるので、気を付けていきたいですね。

 

サムガリも小学生の時、女性の先生を「おかあさ、あ、いや、○○先生」と踏み留まって巻き返した覚えがありますが、これはアウトよりのセーフだと思っています。げちゃげちゃ恥ずかしかったです。

 

①会話の途中で意味もなく語尾を上げる

今日は⤴お時間を⤴いただき⤴ありがとうございます⤴

(からの?からの?からの?みたいな感じ)

 

相手からすると、「お、お、お、お」などとそのたびに反応しなければならず、

多大な負担を与えてしまいます。

また、「自信がない人だ」という印象を与えてしまい、マイナスに働きがちです。

私はこのことを「絶技;半クエスチョン」と呼んでいます。

 

②発音を誤魔化す

一音一音をはっきり発音する習慣がないとつい出てきやすい、魔法の省略法です。

べつにふざけていっているわけではなく、まじめな姿勢で取り組んでいるのに、雑に聞こえてしまう場合もあります。

この度はお時間いただきましてあざした!などと

ありがとうございましたという言葉をあざした!と省略してしまうことや

 

語尾にだんだん小さくなるような尻すぼみ型の話し方になる方は気を付けて

一語一語はっきりと発音して伝える気持ちを持って相対できるといいなと思います。

 

③語尾を伸ばしてしまう

今日はぁ~、お時間いただきー、誠にー、ありがとうございますー

なれなれしい印象を与えてしまいます。

 

④「とか」をよく言う

私の趣味は、野球観戦とか、料理とか、音楽鑑賞とかです

「とか弁」ともいわれるくらい口癖とかになりやすい言葉の一つです。

多用すると曖昧なやつだなぁとか思われやすいです。

 

⑤「ほう」

本日、書類の方、先日お話した方、作成した履歴書と職務経歴書の方、提出の方させていただきます。

なにかと「ほう」を付けてしまいがちな敬語。相手に敬意を感じさせるどころか

言葉遣いが未熟な人だという印象を与えてしまい使いすぎは逆効果です。

 

⑥「てき」

には、こちらがおすすめですが、社内にはこの方針で決まりましたな内容でした。

 

話している度に「的」な発言が癖になっているパターン。

「私といたしましては」といえば、信頼感を勝ち取ることが可能です。

また的を入れなくても話が通じます。

 

⑦「てゆーか」

てゆーか私は御社に入社したいと思って頑張りました。

 

ビジネスシーンでは控えること

 

 

 

 

以上でございます。

何かご参考になれば幸いです。

 

まとめ

自分では気づかないうちに口癖になっていること

癖になっていることあるかもしれません。

 

客観的にフィードバックさせていただいております。

 

面接練習はその面接への対策だけではなく、自分を省みる機会にもなります。

 

だからといって、面接練習が好きかと聞かれると

好きではない人が多いと思います。

 

私も好きではない…

 

でも、目標の為に、就労のために、就労して継続するために

必要なことをやろう!と思ったときに自分でチャレンジしていくことは大事だと思います。

 

引き続き、目標に向かって突き進んでいきましょう!!

 

それでは、また🤩

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。