「大きな木」を考察~グループディスカッション~

こんにちは

生活支援員 塩直です。

今日は「大きな木」を題材にグループディスカッションをしました。

大きな木

「大きな木」http://www.sam.hi-ho.ne.jp/s_suzuki/html9/book_giving_tree.html

「大きな木“The Giving Tree”」

あるところに、一本の木がありました。

その木は一人の少年のことが大好きでした。少年は毎日その木の下にやってきました。

木:「さぁぼうや、私の幹にお登りよ。私の枝にぶら下がりリンゴをお食べ。木陰で遊び楽しく過ごしておゆきよ、ぼうや。」

少年は、葉っぱをいっぱい集め、葉っぱで、かんむりを作り木登りをし、枝にぶるさがって遊びました。そしてりんごを食べました。(この木は、リンゴの木だったのですね)

「かくれんぼ」をしたり、くたびれると木陰で眠り、その木が大好きでした。だれよりも何よりも、木は幸せでした。

でも時間が流れます。(少年は成長して青年になります)

少年はだんだん大きくなっていきます。(彼女ができます)

木が一人ぼっちになることが多くなります。

このあと少年は3回、木のところにやってきます。

 

1回目。お金。

少年:「ぼく、もう大きいんだよ。木登りなんておかしくて。買い物がしてみたい。だからお金が欲しいんだ。お小遣いをくれるかい?」まずお金を欲しがります。

木:「困ったねぇ。私にはお金はないのだよ。あるのは葉っぱとリンゴだけ。それじゃ、ぼうや私のリンゴをもぎとって町で売ったらどうだろう。そうすれば、お金も出来て楽しくやれるよ」

 

2回目。家。

木:「さぁぼうや、私の幹にお登りよ」

少年:「木登りしている。暇はない。大人になった。温かな家が欲しい。お嫁さんが欲しい。子供が欲しい。だから家がいる。僕に家をくれるかい?」

木:「私には家はないのだよ。この森が私の家だから。だけど私の枝を切り家を建てることはできるはず。それで楽しくやれるでしょう。」

 

3回目。遠くに旅するための船をほしがります。

木:「さぁぼうや、ここでお遊びよ」

少年:「年は、とるし悲しいことばかりで今さら遊ぶ気になれないよ。船に乗ってここから遠くへ行きたい。お前、船をくれるかい?」

木:「私の幹を切り倒し船をお作り。それで遠くに行けるでしょう。そして楽しくやっておくれ。」

木は幸せです。

ずいぶん長い時間が流れ、少年はもどってきました。木が何もないことの言い訳をすると、少年は何も出来なくなったとこたえます。

「ぼくはもう、とくに何も必要とはしない」と少年は言いました。

「腰をおろして休める、静かな場所があればそれでいいんだ。ずいぶん疲れてしまった」

「それなら」と木は言いました。そして、できるだけしゃんと、まっすぐに体をのばしました。

最後に木は、少年に幹を与えます。

「古い切り株なら、腰をおろして休むにはぴったりよ。いらっしゃい、ぼうや、私におすわりなさい。すわって、ゆっくりお休みなさい」

少年はそこに腰をおろしました。

それで木は幸せでした。

おしまい

問1:これまでに人から「与えられた」「与えた」(してもらった、してあげた)経験を思い出してみよう。

「与えられた」

・学生時代に”いじめ”にあっていたが、友人のおかけで”いじめ”がなくなった

・仕事の機会

「与えた」

・一人でいる人に対して声掛けをしている

・職場などに対してのスキル(イラスト/写真撮影/HP制作)

問2:与えられる立場から与える立場になった経験はありますか?

・「与えられる立場」新入社員として働いた際に先輩から仕事を教えて頂いた⇒「与える立場」入社2年目新入社員に仕事を教えてあげた。

問3:なぜ「少年」は要求(求める)ばかりするのでしょうか?

・少年は「木」から与えられたことに満たされていないから、次々へと要求しているのでは。

・要求(求める)することが少年の習慣になっているのかもしれない。

・本来なら両親に要求することを「木」に要求しているものかもしれない。

問4:なぜ「木」は少年の要求を全て受け入れるのでしょうか? また、拒否をしないのでしょうか?

・少年の親から受けた恩がある(情的なものがある)

・「木」にとって少年の要求は難しいものではなく、叶えてあげられるもの

・「木」に欲がなくて少年の関わりを嬉しく思っている

・少年から愛されている感覚があるのかもしれない

問5:自分が「木」だったら「少年」に対してどんな考えをもつでしょうか?

・「木」がもっていないものを少年が要求しているが、木が出来ないことを少年がやってくれていると思っている

・自分の全てを奪った

問6:自分が「少年」だったら「木」に対してどんな考えをもつでしょうか?

・親のような存在だと思っている

問7:絵本の続きの内容を考えるとしたら

少年は老衰し木と一緒に居る⇒木と少年は一生一緒にいる⇒少年と木が一体化⇒一本の木になる⇒木になり「木」が「少年」に対して与えたように同じ「与える」をする⇒与える与えられる「木」と「少年」の物語を繰り返す。

グループディスカッションで感じた事

皆、個々に感じることや考えが違っていた。「少年」は「木」に対して甘えっぱなしだと思う人もいれば、逆で「木」が「少年」との関りを嬉しく感じていると思う人もいて、色々と意見がでた時間でした。

まとめ

この本は翻訳した人によって表現が違うという点も興味深い。優しいメンバーの意見が多く、雑念がある塩直とは大違いの意見ばかりであった。

 

この記事を書いたのは

生活支援員:塩直

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。