障害者雇用就職、〇割の方はひらく通所中に障害者手帳を取得!?

卒業生手帳取得率

 

 

  • 障害者手帳を取得していないけれど障害者雇用での就労を検討している
  • まだ働き方は決めていないけれど、自分にはどんな働く選択肢があるのか知りたい
  • 自分一人では知識不足でどう就職活動を進めたらよいかわからない

 

方に見て頂きたいです。

 

目指す働き方が決まっている方が就労移行支援ひらくには多いの?

A.決まっていない方の方が多いです。

通所しながら働く方向性を考えて職種、業種、働き方を定めていく方が多いです。

  • どんな業界で働きたいか
  • どんな職種で働きたいか
  • 障害者雇用?一般雇用?

を最初から固まっている方はなかなか珍しいと思いますし

決めていても、通所訓練を重ねて相談を重ねていくうちに

軌道修正をかけて道筋が開けていく方も多くいらっしゃいます。

 

自分一人での就活だと自分にかかる比重が多くなり負担も多くなりますが

ノウハウを熟知したスタッフとそして同じ就労という目標を持ったメンバーさんにも刺激を受けながら進めていくと

色んな観点から気付きが深まっていくのではないでしょうか。

 

実は障害者雇用で就職したひらくの卒業生は…

卒業生

就労移行支援ひらくも6年目に突入し、数多くの卒業生を輩出してきました。

改めて振り返ってみると

実は

障害者雇用で就職したメンバーの3割は

通所当時は

障害者手帳を取得していなかった方でした。

障害者雇用就労

障害者手帳取得のタイミング

つまり、通所当時は、

  • 障害者雇用での就職も考えているけれど、手帳は持っていないし難しいだろうなぁ
  • どちらの働き方が良いだろうなぁ
  • 手帳を取得したいけれどきっかけがつかめなくてなぁ・・・
  • 一般雇用での働き方を目指している

とぼんやり考えていた方も結構いらっしゃったということです。

 

障害者手帳についてのメリットデメリットを紹介しておりますので

障害者手帳って何?という方はこちらの記事をご参考くださいませ。

いまさら聞けない『障害者手帳』のメリットデメリット~さらっと編~

 

障害者雇用って何という方はこちらをご参考くださいませ。

いまさら聞けない『障害者雇用』の仕組み~さらっと編~

 

 

なぜ利用中に障害者手帳を取得する方が一定数いるのか

なぜか

障害者雇用で就職された方の中でも3割通所中に障害者手帳を取得した、と

お伝えしましたが、

それ以外にも、一つの選択肢として障害者手帳を申請して取得された方も

意外と多いです。

 

何故だろうか、改めて考えてみました。

  1. メンバーへの働き方の相談が密に行われている
  2. 障害者雇用の働き方についてのメリットデメリットを周知している
  3. 障害者手帳取得についてのメリットデメリットや情報提供を行っている
  4. 取得までの本人へのサポートや通院同行なども併走して行っている

 

ことなどが挙げられるでしょうか。

障害者手帳の取得、障害者雇用での就職も

大前提として、本人が選択の上で併走しています。

無理強いしているとか、強制して取らせるようなことはしておりません。

ただ、選択するにも情報や具体例がなければ、十分に検討したうえでの選択ができません。

必要な情報やノウハウをそれぞれ本人と相談や面談などで話し合いながら

本人にとっての働きやすさにつなげられるように

サポートしております。

 

職種や業種より、どの働き方にするかの方が悩みが大きい

可愛い🐶

障害をお持ちの方で、職種や業種など、どんなことをして働きたいかは

共通して自己分析や向き合うことを通して考えることはできますが

見学にお越しになる方、加えて体験にお越しになる方とお話を聞くと

 

  • 障害を開示した働き方にするのか
  • 障害を開示しない働き方にするのか
  • 障害者雇用という働き方にするのか

情報が少なくて、検討しづらくて頭を悩ませることが多いなぁと思います。

 

希望される方には体験時にスタッフが思う存分、体験のお土産としてみっちり就活相談ということで上記の働き方についての相談の時間も設けさせていただいております。

(希望があればサムガリを指名くださいませ…←)

どんな小さな疑問でもいいのでお気軽に見学時などに担当スタッフに相談してみてください。

 

 

まとめ

まとめ

仙台の就労移行支援、就労・自立支援ひらくは

「仕事の選択肢を増やす為のPCカリキュラム」でスキルアップの目標を持ち

「継続して働く為のコミュケーション・対人訓練」で安定した就労を目指す事業所です。

いつでもお気軽にご相談お待ちしております(*´ω`)//

 

ここまでお読みいただいた方へ

生活支援員より、竹内まりや 氏の歌詞をご紹介します。

いのちの歌
竹内まりや

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたびに
胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ
この星の片隅で めぐり会えた奇跡は
どんな宝石よりも たいせつな宝物
泣きたい日もある 絶望に嘆く日も
そんな時そばにいて 寄り添うあなたの影
二人で歌えば 懐かしくよみがえる
ふるさとの夕焼けの 優しいあのぬくもり

本当にだいじなものは 隠れて見えない
ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある

いつかは誰でも この星にさよならを
する時が来るけれど 命は継がれてゆく
生まれてきたこと 育ててもらえたこと
出会ったこと 笑ったこと
そのすべてにありがとう
この命にありがとう

 

 

 

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。