【就労継続支援A型】就労・自立支援ひらくのメンバーさんの就職体験記

 

標題の通り

就労移行支援ひらくの

メンバーさんの就職体験記になります。

就労継続支援A型事業所とは

企業等に就職が難しい方に対して、雇用契約に基づき、働く場を提供する事業所のことを言います。

就職をしようと思った理由

自宅での生活に陰りが見え始めたので。

フリーランスを志望していたが、高い壁を感じ就職に方向転換。

一人分の生活費が賄えれば良い、程度の間隔

 

職種や会社を選んだ理由

特にやりたい職種がありませんでしたが、志望企業も不採用になり

就労・自立支援ひらくでの就労移行支援の利用期限も近づいてきたので就労継続支援A型事業所を模索。

比較的新しく、指導員の方も含め雰囲気が良かったので選びました。

 

就労移行支援ひらくでの訓練内容

 

  • Office(Word/Excel/PowerPoint)
  • ライティング
  • Photoshop
  • illustrator
  • WordPress

 

就職活動を行う上で大変だったこと

自分自身の軸が定まらなかった。

志望職種が定まらない

志望動機に頭を悩ませたことの大きな要因になったと思います。

 

就職活動をしている方へのアドバイス

・興味がある企業の見学、実習はどんどん行ったほうが良いと思います。

・気分転換にもなりますし、「仕事場」の雰囲気に慣れます。

・たまにハローワークに行きましょう。ウェブ上にない求人も貴重です。

・就労・自立支援ひらく内の講座にも出席しましょう。いろいろな発見があります。

 

 

この記事を書いたのは

著:ひらくのメンバーさん  編集:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

 

 

新天地でのご活躍されることを祈っております!

ふぁいとです!

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。