【在宅対策】Googleハングアウトでチャットや通話してみよう

 

就労移行支援ひらくです。

最近暖かくなってはきていますが、このご時世…

5日間の実習に向かわれているメンバーさんからは

報告のメールに

「今を楽しく」

とのお言葉をいただきました。

そうですね、今を楽しくできれば何も怖いことはないですよね。

ということで

 

本日は通所時、メンバーさんに試験的に

スーパーコミュニケーションツールである『ハングアウト』で就労・自立支援ひらく宛にチャットを送っていただきました。

 

ハングアウトって何?

Googleが提供しているコミュニケーションツールのことです。

Googleアカウントがあれば、Googleドライブやドキュメント、スプレッドシートなどと同じように無料での利用が可能です。

ところで、コミュニケーションツール??

コミュニケーションツールとは

意思疎通や情報共有を行う際に使用されるツールのことをいいます。

たとえば、

・Skype 氏

・ChatWork 氏

・Slack 氏

おなじみのところでいうと

・LINE 氏

もコミュニケーションツールになります。

ビジネスで情報共有ツールで使用することで生産性が上がる、業務効率が上がるなどメリットはとても多いです。

もちろん、在宅ワーク、クラウドソーシングなどでも案件によってはコミュニケーションツールを用いてクライアントさんとやり取りを行う、なんてことも多いです。

 

コミュニケーションツールがない時代は、友達を遊びに誘う際は直接友達の家にいかなければならなく、とても緊張していたこどもの頃を思い出します。

親が怖い友達とかは気軽に誘えなく、それでも遊びたいという想いからインターフォンをプッシュしたことを思い出します。

 

ハングアウトでできること

・一対一でテキストチャットが可能

直接文章のやり取りができます。

LINEのようなアイコン画面で、次々とリアルタイムでチャットができます。

・複数人でのグループチャットが可能

グループは150人まで参加できます。

150人が一気にチャットが始まったら、もう目で追えなそうです。

 

・ビデオ通話が可能

音声でのビデオでのやり取りが可能です。

直接お話したい時などは通話して話を進めます。

 

・複数人でのビデオ通話が可能

無料の場合は10人まで

優良の場合は25人まで同時通話が可能です。

若干他のコミュニケーションツールと比べると、処理能力が低い印象はありますが、それでも普通に会話する分には問題はありません。

 

・画像の添付が可能

画像の添付ができます。

 

・スタンプが押せる

かわいらしい多岐にわたるスタンプが押せます。わりと種類は豊富…

 

ハングアウトのサービスが終了??

そんな使い勝手の良いハングアウト氏ですが、

実はハングアウト自体は2020年6月にサポート終了予定とのことです。

厳密には終了ではなく

「ハングアウトChat」←(チャット特化型)と「ハングアウトMeet」←(ビデオ通話特化型)に分割されていくようです。

 

折角覚えたのに、なくなっちゃうんだ…と思いますが、どんどん使いやすいサービスに革新されていくと思うことにしましょう。

 

就労移行支援ひらくでもハングアウトやってみました

ひらくでは、通所したら個人用のGmail作成をお願いしています。

それもあって、ハングアウトでチャットを送るのは皆さん簡単なようでした。

個人個人のメンバーさんと少しチャットを繰り返していました。

 

 

まとめ

PCにはさまざまな未知なツールがたくさんあります。

メリットデメリットを考えて、抵抗なく新しいことも吸収していってもらえると

今後に役立つのかなぁと思います。

折角PCを使える世の中なのだから、知らないで終わるよりも活用できるツールはどんどん使って活用の幅を広げていきたいですね。

 

就職したら、企業毎で扱っているツールがあり、中には未知のものもある場合もあります。

その時に驚かずに、冷静に対応して使いこなせられると不自由ないと思います。

対応力を身に着けて、胸を張って長期就労目指していきましょう。

 

ご自宅でもできますけども、

ハングアウトを使ってみたい方はぜひ、就労移行支援ひらくへご見学ください。

 

それでは、また

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。