【求人票】雇用保険って実際何者なの?

ハローワークの障害者専用求人を見て、就職活動をする場合、

その他の労働条件等の加入保険についてメンバーさんから質問を受けることが多くあります。

加入保険に雇用とか労災とか、公災、健康、厚生、財形、いろいろあって何が何なのだろうか。

「働く上で労働条件についてはしっかりと把握しておいてくださいね」と

就労移行支援ひらくではお伝えしております。

働く側、労働者側から見た雇用保険のメリットについてご紹介します。

この記事を読めば、今まで知らなかった人も、何となくメリットが把握できると願いたい!ですね。

 

雇用保険って要するに何なの?

いざという時に使える労働に関する国の保険のことです。

 

①失業等給付の支給ができる

基本手当(求職者給付)

休職中にもらえる手当のこと。失業保険と呼ばれています

 

就職促進給付

再就職手当、就業手当など就職後にもらえる手当のこと

 

教育訓練給付

就職の為の教育訓練経費の一部がもらえる手当のこと

 

雇用継続給付

一般被保険者が再雇用などで賃金が減った場合や育児や介護等の理由で雇用の継続が難しくなった場合にもらえる手当

 

②雇用保険二事業の制度がある


事業主女性を目的とした制度です。

 

 

働く側に何のメリットがあるのだろう

退職して、収入が無い時に給付金を貰うことができる

退職してしまうと無収入になるので正直つらい。

その際、雇用保険に加入しておくと、このような制度を活用し

その間に再就職の準備をすることができます。

 

ただ、この給付金や手当は、

退職理由が、自己都合か会社都合なのか、年齢や保険料の支払っていた期間

給与の金額などによって給付される金額や期間が変わってくるので気を付けましょう。

 

失業保険を受け取る為の条件

  1. 離職日から遡って2年の間に最低12ヵ月(1年)以上働いた期間があること
  2. 会社都合のや何らかの理由があって離職した場合は離職日から遡って1年間に保険期間は半年以上あること
  3. 再就職の為の活動をハローワークを通して行っていること

 

自己都合で退職した場合

ハローワークに求職申込した後、7日間の待期期間を経て、加えて3ヵ月の給付制限期間を経た上でやっと受給されます。


1回目の受給まで4か月ほどかかります。

自己都合で退職した場合は、すぐに、ハローワークで求職の申し込みをしないとその分だけ期間がどんどん遅くなっていくので気を付けましょう。

 

 

このほかにもありますが、

子どもの育児の為に休職した際に生じる育児休業給付金や

介護の為に休職した際に生じる介護休業給付金がある

何か働く上で障壁ができてしまったときの、いざという時の為の保険になります。

雇用保険に加入していないと、上記の制度を利用することができないので、留意しておきましょう。

 

雇用保険に加入する為の条件は?

  1. 31日以上雇用の見込みがあること
  2. 週20時間以上働いている

 

上記の条件に該当する場合は、原則事業者は雇用保険の加入義務があります。

パートタイムでも雇用保険に入れるんですかメンバーさんから質問されることはがありますが

パートタイムの方でも所定労働時間と日数を上回るのであれば

正社員と同じ保障を受けることができます。

 

短時間勤務の求人だと、雇用保険に入らせないようにコントロールされている求人もあるので


最初は短時間でおいおい伸ばしていきたいという方は

しっかりと最初の時点で確認していきましょう。

 

雇用保険に入ることで給料は減ってしまうの?

雇用保険料の支払い者は、事業主と労働者の両者です。

事業主は労働者よりも負担料が多いです。


その結果、労働者の手取りの金額はその分減ります。

目安として言われるのが労働者負担率は給料の0.3%ほどと言われています。
※業種によって変わるので必ずしも当てはまるとは限りません。

 

多くのメリットがあるので可能ならばパートでも週20時間以上働き

雇用保険に加入は一つの目安として考えてください。

 

まとめ

 

障がい者求人を見て、

どうしても、賃金や職務内容など、

メジャーなところに目が行きがちですが、

自分がどんな保険に入っていて、それはどんな保険なのか

知っているだけでも、働き方について考えられる、安心できる要素も増えてくるものと思います。

 

今回は雇用保険について簡単に触れていきましたが

今度は別の保険についても触れていきたいですね。

 

就労移行支援ひらくでは、就職活動の中で求人票の見方

就職に必要な情報を提供させていただきながら、ご本人様にとってより良い形に進むためのサポートをさせていただきます。

 

いつでもご連絡、ご見学お待ちしております。

 

それでは、また!

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。