【Webデザイナー/プログラマー/障害者雇用/精神】就労・自立支援ひらくのメンバーの就職体験記

就職体験記Webデザイナープログラマー

Web系企業へ障害者雇用でシステム開発(Webデザイナー、プログラマー)として仙台にて就職が決まった

ひらくのメンバーさんの就職体験記になります。

 

Webデザイナー/プログラマーを選んだ理由

Webプログラマーデザイナー

前職で経験したWebコーダーの仕事が好きだったため

引き続きWebに関わる仕事がしたいと考えていました。

Webコーダーの求人は少なく、

Webデザイナーもしくは、プログラマーとの兼業が多かった為

スキルを磨いてより幅広い仕事に対応できるようになりたいと考え

Webデザイナー、Webプログラマーを目指しました。

 

就労・自立支援ひらくでの訓練内容

ひらくの訓練内容

Webデザイナー、Webプログラマーの求人に応募する場合

  1. 成果物(ポートフォリオ)の提出が必要である
  2. PHPやデザインの経験が必須

以上のような傾向があったため、

PHPとデザインを学習した後

成果物を作成しようと考えました。

 

PHPはテキストで学習し、デザインはFigmaというツールの使い方を覚えました。

成果物として、自己紹介サイトやLINE botを作成しました。

 

就労・自立支援ひらくを利用して変わったこと

ひらくを利用して変わったこと

のびのびと自分らしくいられるようになりました。

ひらくのスタッフさんから肯定的なお言葉をたくさんいただくことができ

自分のことが以前より好きになれました。

また、メンバーさんとの交流を通して話すことが楽しくなり

自然対でいられる時間が増えました。

長所も短所も私の魅力であり

武器であると考えられるようになりました。

 

就職活動をしている方へのアドバイス

就職活動を進めている方へのアドバイス

私は、人とコミュニケーションを取ることが苦手でしたが

まずは声を出してみるところから始めてみました。

話す前にシナリオを考えるのを辞めて

まずは気楽に声を出してみてコミュニケーションに慣れていきました。

「また変なことを言ってしまった・・・」と

自己嫌悪に陥ることが多かったのですが

場数を踏むことで伝えたいことが表現できるようになり

一人反省会の時間も減りました。

 

 

 

就労・自立支援ひらくの詳しい就職実績はこちらから

この記事を書いたのは

ひらくのメンバーさん  編集校閲:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを真摯に向き合い、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。