【HTML5&CSS3】コーディング実践講座開催中 就労支援ひらく

ひとよひとよにひとみごろ

桜も見頃の季節がやってまいりました。

就労移行支援ひらくでも花見を4月13日に開催します。

桜が散っていないといいですね。

令和前に様々な企画をご準備しております。

 

ということで、4月から毎週水曜日に開催している

コーディング実践講座のご紹介をしたいと思います。

 

就労移行支援ひらくのコーディング実践講座とは

 

広告やチラシなどを元に、HTMLやCSSなどのマークアップ言語を使って作成(コーディング)していく実践講座です。

実践の練習の場の為、訓練で身に付けたスキルを活かしてアウトプットの機会になります。

現物はもっと単純な広告を使用していましたが、チラシをコーディングしていくイメージです。

※現物とは異なります。

 

 

実際コーディング実践講座はどんな感じだった?

 

所長自ら参戦し、試行錯誤しながら進められていました。

参加した方に少しお話を伺いました。

「左右の余白の違いを出すところが少し難しいです」

な、なるほど…

得意な作業を聞くと

「ボックスを作るのが得意です」

とのこと。

boxesと記載されていたことから、

私は、boxの複数形はesだったなと思いだしました。

 

また別のメンバーさんは、チラシに書き込みを加えて何を使ってどう作るか

設計図に近いものを手書きで作成していました。

す、すごいですね…

 

表情は真剣そのもの。所長も真剣そのものでした。

 

まとめ

実践になると、覚えるだけではなく、HTMLやCSSをどう盛り込んで使っていくかというところも大切になってきます。

これはコーディングに関わらず、他の仕事にも通じるものがあると思います。

 

汝、其れ覚えただけでは習得したことにはならず

覚えて使いこなせるようになって初めて習得したと言える也

byサムガリ

 

現在、毎週水曜日にコーディング実践講座開催しておりますので、

ご興味ある方はスタッフにお尋ねください。

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ(ブログで書いてほしいことある方、私までお伝えください)

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。