【求人票】宮城県の最低賃金について考える

 

求人票を見てなんだかんだまず目が行くところはどこでしょう

 

給料

 

でしょうか。

 

現在の最低賃金はいくらか、知っていますか?

過去の変遷を見ていきたいと思います。

 

最低賃金とは

労働基本権に基づき、最低限支払わなければならない賃金の下限額を定めている制度のことを言います。

毎年見直しがかけられており、時給相当で〇〇円と決められています。

 

都道府県によって地域別に最低賃金は違います。

それはなぜなのか、その地域によって費用が異なるからです。

たとえば東京では、生活費が高いですし、地価なども高く推移しています。

アパート借りようと思ったら地元より全然高いなんてことありませんか。

また、大きい都市(人口が多い、人口密度が高い)は効率的に企業も稼ぐことができます。

すべて同じ最低賃金になったとき、過疎地域と密度の多い地域で採算が取ることが難しいのです。

 

田園風景の中にあるレストランと、明らかに人の往来の多い、街中のレストランでは集客数も異なりますよね。

そのため、最低賃金が地域ごとに設定されているのです。

景気にも左右されますが…

 

現在、最低賃金が一番高い都道府県は?

第一位は

東京都 1,013円

さすが、天下の都、東京都。オリンピック、無事に開催されるといいですね。

 

第二位は

神奈川県 1,011円

東京の近くですね。流石です。

 

第三位は

大阪府 964円

3桁になりましたが、さすがの府ですね。

 

第四位は

埼玉県 愛知県 926円

そうなんですね

 

現在、最低賃金が低めな都道府県は

青森県、岩手県、秋田県、山形県、鳥取県、島根県、愛媛県、高知県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

790円

結構同率の都道府県が多いですね。

790円、現在としては多いのか少ないのか、どう思いますでしょうか

 

現在の最低賃金の平均は?

現在は

901円です

 

平成19年度は

687円です。

年を通して平均額も引き上げされていることがわかります。

また、景気も良くなってきているのでしょうか。

 

それでは、天下の宮城県は一体どういう状況なのでしょうか。

 

宮城県の最低賃金に迫る

宮城県の現在の最低賃金は

824円です。

 

これは全国でいうと

24番目にあたります。

東北6県の中では一番高い状況です。

 

過去の宮城県の最低賃金も見ていきます。

平成15年度 617円

平成16年度 619円

平成17年度 623円

平成18年度 628円

平成19年度 639円

平成20年度 653円

平成21年度 662円

平成22年度 674円

平成23年度 675円

平成24年度 685円

平成25年度 696円

平成26年度 710円

平成27年度 726円

平成28年度 748円

平成29年度 772円

平成30年度 798円

 

ふぅ、疲れました。

次第に上昇していっている状況ですね。

現在は824円と引き上げ額も着々と増えてきており、次年度も高くなるのでしょうか。

 

まとめ

給料は働く身として、大事な情報の一つです。

求人票に記載されている内容や、現在の景気や動向なども知っていきながら

就職活動を進められるといいですね。

障害者雇用、一般雇用関わらず最低賃金は変わりません。

 

給料は高ければ高いほど、求められる水準は高くなります。ということは皆さんにお伝えしていますが、

 

給料だけではなく、求人票の見方や、企業を知る為の方法など

就労・自立支援ひらくでは細かいところまでメンバーさんにお伝えしています。

ご本人にとって、一番重要視している点は何なのか、譲れないこと譲れること

折り合いをつけられることなど、話し合いを進めながら、時には、実際に企業見学や実習などで試してみて

自分の就職活動、企業選びの軸を見つけて

ピタっとはまるところで素敵な未来を築いていけるよう

後押ししていきたいと思います。

 

どんどん最低賃金が上がっていくことを祈って…

お気軽にひらくにご見学ください。

 

それではまた!

 

この記事を書いたのは

支援員:サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市の精神・発達障害の仕事・働くの就労を支援する事業所です。まずは事業所に通所する通勤訓練から、生活面の悩みや相談、対人、ビジネスマナーと並行して、座り仕事=パソコンで仕事した方を支援致します。特徴としては「ホームページ制作」を仕事にするWEB系カリキュラムとしてHTML・CSS・SASSの本格的に学べます。そして「アプリ開発」や「アンドロイド開発」のエンジニアを目指す「プログラミング」カリキュラムをJavaが得意な元エンジニアが講師致します。パソコンを使う障害者雇用を目指す方にお勧めです。