【事務系/女性/障害者雇用】就労・自立支援ひらくのメンバーさんの就職体験記

 

10月に障害者雇用にて就職が決まったメンバーさんの就職体験記になります。

 

就職しようと思った理由

私は働いた経験がなく、働いてみたいと考えていました。

働いて自分の持っているスキルを活かして人の役に立ちたいと考えていました。

また、自立したいと思っていたことと親が定年になってしまい金銭面で悩んでいたからです。

 

職種や会社を選んだ理由

元々計算が得意でパソコンスキル、電卓、簿記関連が好きでそれを活かした職種に就きたいと考えていたからです。

希望していた業務だったため決めました。

 

就労移行支援ひらくでの訓練内容

はじめは、パソコンスキルでExcel、Word、PowerPointをしていました。

その間Java(Web系訓練)に興味を持ち、取り組んでいました。

またビジネスマナー講座や電話応対訓練をしてきました。

 

ひらくでの思い出

はじめは緊張して、スタッフやメンバーと話せるか不安でしたが、

休憩スペースでメンバーさんとお話をしたり

土曜日のイベントを通して話せるようになり楽しかったです。

また、体調面で休んだり、悩んだりした時期もありましたが

スタッフに素直に気持ちを伝えることで乗り越えていけました。

講座を通して知識をつけ、意見を言えるようになったことや積極的に講座に参加できるようになったことで出来ることが増え、自信がつきました。

 

就職活動を行う中で大変だったこと

書類審査の段階で落ちてしまうことがほとんどだったことです。

希望と一致する求人が見つかって実際に応募をしても

書類の段階で落ちてしまうことが多く

面接までたどり付けませんでした。

何度も落ち、スタッフさんに「マッチングだから」と言われても心のどこかでは

落ち込んでいました。

それでも次受けるところの志望動機を考えることや書類作成をすることで乗り越えていけました。

後は志望動機を考えるのが大変でした。

自分は文章を書くのが苦手で、最初の頃は修正してもらったものをそのまま履歴書に書いていました。

少しずつ自分の感情をかけるようになり、自分の想いを書き入れるようになりました。

かなり時間はかかりましたが、納得のいく履歴書を書けるようになりました。

 

就職活動をしている方へアドバイス

個人個人に合った就職活動があるので他の人と比べないことがモチベーションを下げないと思います。

自分自身見学や体験があまりできず、他の人と比べていましたがスタッフさんを信頼していれば就職はできると思います。

まずは今自分にできることから少しずつ進めていけたらと思います。

 

 

 

この記事を書いたのは

ひらくのメンバー:黒ぶち眼鏡 さん 編集:支援員 サムガリ

就労・自立支援ひらく

〒980-0801

宮城県仙台市青葉区木町通2-1-18

ノースコアビル6F

☎022-725-7224

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを誰よりも一生懸命、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。