生活支援②自分の考え方を変えてみる ことで未来も変わる!?

「自分の考え方を変えてみる ことで未来も変わる!?」

こんにちは。生活支援員 塩直です。

今回は自分の考え方を変えてみることで、未来を変えられることがある 

ということを知って頂きたくお話をしたいと思います。

私は、これまで生活支援員として 利用者さんの相談を受けてきました。

・生活リズムの乱れ

・訓練環境での困り感

・就労後の不安

・服薬管理

・直そうと思うが直せない言動

などなど、、、、、、

これらの「どうにかしたい!」「対策したい!」「なおしたい!」

色々とお話を伺ってから、私から「○○なら、出来そうですか?」と

新しいアクションの提案をさせて頂いても

皆さん共通して ”出来ない” と最初は返答があります。

生活支援員として”出来ない”という考え方は、後ろ向きな考えであり

”出来ない” ではなく ”○○なら出来る” という考えに変えることが出来れば

ご本人にとって未来の選択肢が前向きなものになると私は確信しているからです。

「”出来ない” を ”○○なら出来る” という考えにしてみる」

これまでの経験から出来なかったことに対し、”出来ない”

と答えをすぐ出さず、新しい対策を考えてみましょう!

考えることが難しければ、主治医の先生や相談出来る方に

相談してみて下さい。

今まで出来なかった ことは これからも出来ない ではありません。

最初から出来る人なんていない!!!

”出来ない” を ”出来るかも~” と思うようになれれば

”出来るかも~” は ”まずは やってみよう” という

前向きな考えとなると私は信じています☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの不安・悩みを誰よりも一生懸命、一緒に考るのが私達です。 「ひらく」に通うと、自分以外に自分の事を考えてくれる人が圧倒的に増えます。 社会人になると自分にアドバイスしてくれる人がいなくなりますから「ひらく」に通っている2年間は非常に貴重な時間となると思います。 就職支援はもちろんですが、これからの人生が良くなるよう向き合います。 考え方→発言→行動→習慣→性格→運命が変わるきっかけになると思います。